6

みなさんこんにちは、LSのShioriです。

暑いですね!日本は今年の梅雨明けが史上最速、さらに連日うだるような暑さや豪雨に見舞われているとのことですが、体調を崩されたりしていないでしょうか。ここヨーロッパも熱波に襲われています。ドイツではエアコンが必要なほど暑くなる日は年に数日、したがって家庭用エアコンも普及していません。当然我が家にもありませんので扇風機をフル稼働させていますが、さすがに38度にもなると仕事も家事も手につきませんね。冷蔵庫でキンキンに冷やしたスイカを食べながら、日が沈むまでじっとしています。

 

さて、毎月恒例のエラーに関する投稿です。今回は6月のGoCheckレビューで頻出のエラーを取り上げます。先月の投稿はこちらからどうぞ。6月は、5月に続き脱落が多く、直訳も多かったという印象です。GoCheckレビューではそれぞれのエラーの種類と深刻度を判断していますが、スコアに影響するのは「深刻度(Severity)」のみです。エラーの判断基準はこちらの投稿で確認できますので、目を通してみてください。

 

それでは直訳の例から見ていきましょう。

 

原文:She sat in a car on a small road in the suburb of London and took her hands off the wheel.

訳文:ロンドン郊外にある小さな道路で、運転していた彼女はハンドルから手を離した。

訳例:ロンドン郊外にある細い道路で、運転していた彼女はハンドルから手を離した。

解説:smallは小さいという意味の英単語ですが、道路の形容詞として「小さい」は不適切ですね。「細い道路」、「小さな通り」などと訳すことができると思います。

 

原文:I am sure we can find a way to reach something on the political horizon for our countries.

訳文:私は両国のために、政治的地平線の先でどこかに到達する方法を見つけることができると確信している。

訳例:私は両国のために、政治的展望の中で何らかの解決策を見出すことができると確信している。

解説:「政治的地平線」という言葉はありませんので、訳を工夫する必要があります。Horizonには「展望」という意味もありますので、「政治的展望」などと訳すことができますね。

 

次に脱落の例です。

 

原文:Medical equipment manufacture ABC has entered into a strategic partnership with the cancer treatment pioneer XYZ.

訳文:医療機器メーカーのABC社はがん治療のパイオニアXYZ社と提携関係を結んだ。

訳例:医療機器メーカーのABC社はがん治療のパイオニアXYZ社と戦略的提携関係を結んだ。

解説:どのような提携関係を結んだのか原文にはしっかりと書かれていますので、漏れなく訳さなければいけません。なお、この脱落が翻訳全体に及ぼす影響はわずかであり、翻訳は利用可能ですのでエラーの深刻度は「軽度」となります。

 

原文:Adjusted EBITDA came to a loss of $45.6 million.

訳例:修正EBITDAは4,560万ドルとなった。

訳例:修正EBITDAは4,560万ドルの損失となった。

解説:脱落は些細なミスになることもありますが、こちらは大きなミスになってしまった例です。a loss ofが抜けたため、訳文が原文と逆の意味になってしまいました。この翻訳は利用できませんので、「重度」のエラーに分類されます。

 

原文:Jane Smiths, who often underplays Emily’s contribution to her own business success, jokingly offered £1.

訳文:エミリーの事業の成功への貢献をしばしば軽んじているジェーン・スミスは、冗談交じりに1ポンドを提案した。

訳例:自らの事業の成功にエミリーがどれだけ貢献してくれたか、常々過小評価しているジェーン・スミスは、冗談混じりに1ポンドを提案した。

解説:ひとつの文に複数の登場人物がいる場合、因果関係がはっきりわかるように訳出する必要があります。この訳文では、エミリーが「誰の」事業の成功に貢献したのかわかりません。日本語では人称代名詞を省略することが多いですし、登場人物が2名とも女性ですので、her ownを「彼女自身」と訳すのは避けた方がいいでしょう。したがって、「自らの」、「自身の」などと訳して、語順などを微調整すると、伝わりやすい訳文になるのではないでしょうか。

 

最後に、頻出するエラーではありませんが、地名の日本語表記について取り上げたいと思います。ここ数ヶ月ウクライナの地名を目にする機会が非常に多く、みなさんすでにお気づきかとは思いますが、ある日を境に「キエフ」「ハリコフ」が「キーウ」「ハルキウ」に変わりましたね。日本政府が表記の変更を発表したのが最近(2022年3月31日)で、まだ旧表記も広く認識されていることもあり、旧表記の使用がエラーになるのかは判断が難しいというのが正直なところです。ですが、常に正式な表記を確認して使用することをお願いしたいと思い、今回取り上げました。

 

今月は以上です。投稿への感想や、エアコンなしで夏を乗り切るためのヒントなど、ぜひコメント欄でお聞かせください。暑い夏がこの先しばらく続きますが、水分をしっかり摂って楽しみましょう!

11 comments

  • 2
    Avatar
    fudesaki

    とても有用なアドバイスや貴重な情報を誠にありがとうございます!

     
  • 1
    Avatar
    Maiko

    こちらの原文の訳例についての質問ですが

    ”offered £1”が、「提案する」いうよりは、「提供する」という意味で捉えたほうが自然な感じがするのですが。。(前後で語られている内容がわからないので、この部分で判断すると「提案する」とすると不自然な感じがしました。)

     

    >原文:Jane Smiths, who often underplays Emily’s contribution to her own business success, jokingly offered £1.

    訳例:〜冗談混じりに1ポンドを提案した。→冗談混じりに1ポンドを差し出した。

     

     

  • 1
    Avatar
    Shiori (EN>JA Language Specialist)

    fudesakiさん、コメントありがとうございます。今後も少しでもお役に立てるような投稿ができるように精進します!

    Maikoさん、貴重なご意見ありがとうございます。たしかにこの文だけ見ると、「offer」の訳語は「提供する」のほうがしっくりくるかもしれないですね。

    実は「エミリーがビジネスを売却する」という話が先に出てきており、それを受けて、(ジェーンがエミリーの事業の買収額として)冗談混じりに1ポンドを提案した、という訳につながっています。文字制限の関係もあり全文を載せることはできないのですが、エミリーとジェーンはこのとき同じ場所にいたわけではなく、そのためジェーンが1ポンドを実際に差し出したというよりも、話の流れで「1ポンド」という発言に至った、ということになります。

    今後はもう少し文脈についても触れるようにしますね!

     

  • 3
    Avatar
    yt5858

    「小さな道路」は自然な翻訳だと思います。「通り」も「道路」も人や車の通る道という意味です。「小さな通り」が許容されるのならば、「小さな道路」も許容されるべきでしょう。
    以下に新聞記事での使用例を挙げます。

     

    "部品の共通化を進める新しい設計手法で開発した海外モデルをもとに、日本の小さな道路でも運転しやすいよう日本専用のボディーを採用した。"
    日本経済新聞 2019年9月17日 「トヨタ、新型カローラ2種発売 大型化進む」

  • 0
    Avatar
    Shiori (EN>JA Language Specialist)

    yt5858さん

     

    コメントありがとうございます。

     

    「小さい」の意味は、体積や面積がわずかな量を占める、ですので、「道路」を修飾する言葉としてはふさわしくないと判断しています。

    道路は道路構造令や建築基準法などで幅員が定義されています。道路構造令では最も低い区分(最も幅の狭い道路)の1車線の幅員を2.75メートル、建築基準法では幅員が4メートル以上のものを「道路」と定義しています。2.75メートル以上の幅があるものを「小さい」とは形容しがたいのではないでしょうか。

     

    また、「小さな通り」が許容される理由としては、「道路」は人や車が通る「道」という認識が強いのに対し、「通り」は人や車が通る道とその道沿いの建造物などを含めた空間を意味することが多いからです。

  • 0
    Avatar
    yt5858

    >「小さい」の意味は、体積や面積がわずかな量を占める、ですので
    でしたら、やはり「小さな道路」は問題がないはずです。この「や」は、"and" ではなく "or" という意味ですよ。上で新聞記事での使用例を引用しましたが、これも間違いだと感じましたか。

    >2.75メートル以上の幅があるものを「小さい」とは形容しがたいのではないでしょうか。
    そのような考え方をするのなら、2.75メートル以上の幅があるものを「細い」と形容するのもおかしいでしょう。法律や建築の専門的な文脈ではなく、しかもロンドンの道路の話をしているのに、日本の道路構造令や建築基準法の定義を持ち出してくるのも不自然です。この訳文を読む人にとって、道路構造令や建築基準法上の定義が重要だと思いますか。

    >また、「小さな通り」が許容される理由としては、「道路」は人や車が通る「道」という認識が強いのに対し、「通り」は人や車が通る道とその道沿いの建造物などを含めた空間を意味することが多いからです。
    Shioriさん個人の認識に基づいてエラー認定するのはやめて下さい。「小さい」という形容詞は、「空間」は修飾できても、「道」は修飾できないということですか。「小道」という言葉が存在するくらいですから、そんなことはないはずです。

    >「通り」は人や車が通る道とその道沿いの建造物などを含めた空間を意味することが多いからです。

    そして、このように考えておられるのに、"road" の翻訳として「通り」をすすめてらっしゃるのは、矛盾しているように感じます。

    ところで、原文には「運転していた」という意味の言葉はありませんね。原文に書かれていないことを翻訳者が勝手に創作してはだめでしょう。

    Edited by yt5858
  • 1
    Avatar
    lalala

    横から失礼します。

    これって、「小さい」と「小さな」の違いが関係しているのではないでしょうか?

    大まかに言って、「小さい」は客観的基準に基づいて使用することが多く、「小さな」は主観が入ると思います。その違いによって、「小さな道路」は表現としてアリだけど、「小さい道路」は違和感が出るのでは?

    Shioriさんは「小さい道路」はおかしいという意見、yt5858さんは「小さな道路」は問題ないという意見で、ちょっと議論がかみ合ってないように見受けられます。元々の翻訳は「小さな道路」で、小説っぽい主観が入ってそうな文章なので、それはそれで問題なかったような気がします。

  • 1
    Avatar
    yt5858

    他の方からのご意見を拝見できるのはとてもうれしいです。ありがとうございます。
    こちらの記事の本文をお読みください。

    訳文:ロンドン郊外にある小さな道路で、運転していた彼女はハンドルから手を離した。

    訳例:ロンドン郊外にある細い道路で、運転していた彼女はハンドルから手を離した。

    解説:smallは小さいという意味の英単語ですが、道路の形容詞として「小さい」は不適切ですね。「細い道路」、「小さな通り」などと訳すことができると思います。

    「小さな道路」という翻訳がエラーと認定されるとのことで、「小さな道路」という表現について意見を交換しています。私もこの翻訳は何も問題がないと思っています。同じご意見の方がいらっしゃって安心しました。

  • 0
    Avatar
    from Japan

    >実は「エミリーがビジネスを売却する」という話が先に出てきており、

    訳例ではジェーン・スミスのビジネスになっていると思います。

    >訳例:自らの事業の成功にエミリーがどれだけ貢献してくれたか、常々過小評価しているジェーン・スミスは、

  • 0
    Avatar
    yt5858

    >訳例:自らの事業の成功にエミリーがどれだけ貢献してくれたか、常々過小評価しているジェーン・スミスは、冗談混じりに1ポンドを提案した。

    こまかいですが、もとの訳文で適切に訳されている "often" をわざわざ訳し直して、「常々(いつも)」と誤訳してしまっていますね。「度々」と間違えてらっしゃるのでは。解説の「因果関係」も「対応関係」の誤りでは。

    >登場人物が2名とも女性ですので、her ownを「彼女自身」と訳すのは避けた方がいいでしょう。
    このアドバイスもよく分からないです。2人とも女性ならば、「彼女自身」と訳しても問題がないのでは。2人とも女性ですから、「彼女自身の」としても、「自らの」や「自身の」としても、伝わりやすさという点では何も変わりません。

    Edited by yt5858
  • 0
    Avatar
    yt5858

    >解説:「政治的地平線」という言葉はありません
    元の翻訳の後半部分(「どこかに到達する方法〜」)が直訳的であるというのには同意します。
    しかし、造語したわけでもない、実在する形容詞で実在する名詞を修飾しただけのこの表現について「そんな言葉はない」というのは間違っています。このような言葉の表現は誰しも自由にできます。それを制限する権利は、Shioriさんにも、他の誰にもありません。

    ちなみに、今回の件に関しては、Shioriさんの知識と調査が十分でないと思います。
    パレスチナ問題に関して使われる、”political horizon” という言葉について、詳しく書かれた記事を見つけましたので、ぜひお読み下さい。
    【21】中東和平と「政治的地平」

    Edited by yt5858
Please sign in to leave a comment.