1. 納税者情報の申告フォームのリクエスト

  2. 納税者ステータス申告フォームの提出方法

  3. フォームのどの部分に記入すれば良いですか?

  4. 印刷した/スキャンしたフォームをメールでGengoに送っても良いですか?

  5. 誤って違うフォームをリクエストしてしまいました。どうすればいいですか。

  6. どのような場合にフォームの内容を更新する必要がありますか?

 

納税者情報の申告フォームのリクエスト

米国連邦税法ににより、Gengoは、Gengoから報酬を受け取るトランスレーター(米国籍であるか否かを問わず)から納税に関する特定の情報を入手するよう義務づけられています。収集された情報は、米国連邦税法に基づくGengoの要件を満たす目的においてのみ使用され、その他の目的には一切使用されません

Gengoからトランスレーターとしての報酬支払いを受けるためには、納税者情報を電子的に記入し提出する必要があります。

  • あなたが米国人である場合は、W-9フォームを提出しなければなりません。
  • 米国の居住外国人(resident alien)で、米国で合法的に就労することが認められている場合は、W-9フォームを提出しなければなりません。
  • 米国民でない場合、あるいは米国以外の国に居住している場合は、米国非居住者が免税を受けるための書類であるW-8BENフォームを提出しなければなりません。
  • 米国民ではなく、米国内で就労する許可を持たずに米国に居住している場合、Gengoのトランスレーターとしてのお仕事はできません。

各フォームは、トランスレーター報酬の支払いリクエストを最初にする際に記入が必要となります。 トランスレーターダッシュボードの、納税者ステータスページからフォームをリクエストすることができます。W-9あるいはW-8BENフォームのリンクをEメールで受け取るをクリックするとRightSignatureからメールが届きます。

 

 

 

納税者ステータス申告フォームの提出方法

RightSignatureから届くメールには下記のようなリンクが含まれます。

Tax4.jpg

このリンクをクリックすると、RightSignatureのページに移動します。このページで、赤いRequired フラッグが立っている箇所の記入が必要となります。スクロールダウンしてすべての箇所に記入した後に、電子署名をして完了です。

 

 

フォームのどの部分に記入すれば良いですか?

  • W-9 form (米国人あるいは米国居住外国人向け)の場合はこちらを参照ください:
  • *フォームに必要事項を入力する際、個人の場合は社会保障番号を入力してください。会社、有限会社、共同経営会社など、その他の事業体は社会保障番号ではなくEIN(法人番号)を入力してください。

    GengoのEIN(法人番号)は必要はありません。

W9sample.png

  • W-8BEN フォームはこちらを参照してください:

W8BENsample.png

 

 

フォームを提出した後に、納税者ステータスページにて、Gengoがあなたの納税者情報申告フォームを受領した日付けと時間が表示されます。

 

 

 

印刷した/スキャンしたフォームをGengoにメールで送っても良いですか?

いいえ。RightSignatureで電子的にフォームに記入し署名する必要があります。印刷されたフォームあるいはスキャン、ダウンロードされたフォームは受け付けておりません。ただし、記録のためにPDF形式でフォームをダウンロードして保存しておくことは問題ありません。

 

誤って違うフォームをリクエストしてしまいました。どうすればいいですか?

誤って違うフォームをリクエストしてしまった場合は、キャンセルして正しいフォームをリクエストすることができます。

 

フォームに記入した内容に変更を加えたい場合は、新規フォームをリクエストするをクリックしてください。

 *注意:新規フォームをリクエストする度に以前提出されたフォームは無効となります。報酬の支払いを受けるためには新たにフォームに必要事項を記入してください。

 

どのような場合にフォームの内容を更新する必要がありますか?

個人的な理由により(結婚して姓が変わった、引っ越しで住所が変わったなど)フォームの記入内容に変更がある場合はできる限りはやくフォームを更新してください。フォームに記入した内容に変更を加えたい場合は、納税者ステータスページから新規フォームをリクエストするをクリックしてください。

注意

あなたには、Gengoに正確な情報を提供する法的義務があります。 またGengoには、あなたが米国連邦のフォームを作成するにあたり、それを援助する義務はありません。不明点がある場合は、 IRS ウェブサイトを参考にするか、有資格の米国租税コンサルタント、または居住地域の米国大使館、領事館にご相談ください。

税金に関するお問い合わせはサポートチームではお答えしかねますのでご理解ください。

 

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk