今後も翻訳はGengoに発注しようと思ってもらうためには、依頼者と良い関係を維持することが重要です。翻訳者の皆さんにとっても、受注できる案件が増えて有利ですよね! 

そこで、依頼者との理想的なやりとりについて、覚えておいてほしいことを二、三、列挙します。 

1) 依頼者に連絡を取る方法

依頼者と連絡をとりたいときは、その案件の詳細ページにある [コメント] セクションを使用します。依頼者から新しいコメントが追加されたときは、担当翻訳者に電子メールで通知されます。

また、担当翻訳案件について、語句の意味をはっきりさせておきたいとき、補足説明が必要なときなどにも、ぜひコメント欄を活用してください。こうした情報を訳文の中に書き込んでしまうと、訳文言語が分からない依頼者の場合には、翻訳者のコメントが入っているとは知らずに、そのまま訳文を使用してしまう可能性があります。

コメント・質問類は、ためになる情報を簡潔にやりとりするよう心がけ、プロらしい態度に徹してください。できれば、コメント・質問類は、依頼者の使用言語で書いてください。依頼者の言語設定は、コメント欄のすぐ上に表示されています。

依頼者から連絡先を伝えられたときや、Gengoを介さずに受発注しようと、直接の連絡を依頼されたときは、すぐにGengoにお知らせください。きっとご理解いただけることと思いますが、翻訳者も、依頼者も、Gengo外で連絡を取り合ったり、仕事の受発注を行ったりすることは、Gengoの利用規約に真っ向から反することになるため、禁止されています。この種の動きがあった場合、それを報告すること、その要望には応じられないと依頼者に返答することは、翻訳者であるあなたの責任です。Gengoでは、コメント欄の書き込み内容を定期的にモニターしており、依頼者からのこのような働きかけは、通常、すぐに露見するのですが、皆さんからのご協力もお願いしたいと思います。

2) 質問は早めに

訳し始める前に、まず依頼者に聞きたい質問がないか、確認してみましょう。翻訳を提出してしまう前にこうして質問することで、修正依頼を回避できますし、依頼者からのフィードバックもより良くなる傾向があります。

3) まずは直接依頼者に連絡して問題解決を試みる

技術的でない質問は、ほとんどの場合、Gengoのサポート担当に連絡を取る前に、まず依頼者に直接、好意的な文面で質問してみるのが一番です。

問題の解決や、修正要求への対応、翻訳拒否に対する反論に関する詳細については、 こちらをご覧ください。

サイト上でバグを発見したり、依頼者の不審な言動に気付いた場合は、お問い合わせ&サポート内の [サポート依頼] からGengoまでご連絡ください。どんな問題も無視したりせず、翻訳者同意書や機密保持契約に記載されている通り、積極的に報告して頂くことが重要となります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk