Gengoのアプローチは従来の翻訳会社と以下のような点で異なっています。

クラウドソーシング: Gengoには翻訳テストを合格した、翻訳先の言語のネイティブスピーカーであるトランスレーターが多く(2万人以上)登録しています。クラウドソーシングを通じコストを大幅に削減することができています。また、需要に応じてトランスレータープールを拡大させています。

API:GengoのAPIを利用することで人力翻訳を機械翻訳のように管理することができます。APIを利用するメリットは?効率性と信頼性です。電子メールや添付ファイルをやり取りするのではなく、APIを通じて依頼者のCMSからの大量の案件の発注や管理を済ませることができます。

 

Gengoを利用するメリットとは何ですか?

APIとクラウドソーシングを活用することで、Gengoと従来の翻訳会社のサービスには以下のような違いが生まれています。

利便性と信頼性:APIを利用することで時間がかかる、退屈でエラーの起きやすい作業をクライアントのワークフローから除外することができます。

リードタイムの短縮:Gengoには世界各地に在住する多くのトランスレーターが登録しており、平均のレスポンスタイム、納期を短縮することができます。

スケーラビリティ:長期的な翻訳ニーズにもGengoは柔軟かつスケーラブルに対応することが可能です。

 

1人以上のトランスレーターに翻訳を依頼するメリットは何ですか?

Gengoでは翻訳案件を依頼したいトランスレーターの数を2人に絞ることも可能ですし、2,000人のトランスレーターに案件を公開することも可能です。

Gengoでは多くのトランスレーターがプラットフォームに登録することで速いスピード、大きなスケールで翻訳サービスを提供するだけではなく、「お気に入りトランスレーター」機能を利用することで一貫した翻訳、また好みのスタイルの訳文を提供することを可能としています。

 

 

本質的なコストの低さ

 

低価格の翻訳サービスを本当に信用して良いのでしょうか?

これまで、本当に翻訳を必要とされている皆さまにとっての選択肢は、翻訳の専門家による高額なサービスだけでした。専門家による翻訳ですから、(ほとんどの場合)クオリティは高く、従ってそれなりの報酬が請求されます。料金も高く誰もが利用できるサービスではありません。

Gengoは違います。

Gengoは、長文の難解な専門的文章ではなく、比較的短く専門性のない文章の翻訳をメインに引受けていますので、特別な分野の専門家たちに高い報酬を払う必要がありません。従って、利用者の皆さまに、不必要な専門知識に対する料金を請求することもないのです。

Gengoは、様々なレベルの用途に対応できる翻訳を保証します。その自信があるからこそ、ご満足頂けない場合には全額をお返しする方針をとっています。修正依頼などを経ても翻訳にご満足いただけなかった場合は受領拒否をご選択いただくことで、品質審査の結果に応じ全額のご返金にも対応しております。

 

専門的な内容の翻訳には対応していないのですか?

Gengoでは専門的な内容にも対応しています!専門翻訳の知識や経験が豊富なトランスレーターを集め、法律文書など分野別の複雑で技術的なプロジェクトに対応しています。

専門翻訳についての詳しい情報、またプロジェクトマネージャーへのお問い合わせはこちらをご参照ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk